会社概要

株式会社 ドラフトワイン・システム 
Draft Wine Systems Co., Ltd.


所在地   : 〒658-0032 
                     神戸市東灘区向洋町中六丁目9番地
         神戸ファッションマート8階
会社設立  : 2006年5月23日
代表取締役 : 南方 孝章
決算月   : 12月
取引銀行  : 神戸信用金庫 本店営業部
         三井住友銀行 住吉支店
         三菱東京UFJ銀行 宝塚中山支店

 
 

少しだけ、ご挨拶させていただきます

社長の南方です。このHPは私自身が作成申し上げています。なんだ素人が作っているのかと思われるかも知れません。HP作成の技術では仰せのとおりですが、商品に対する想いや知識では今のところ私以上に知っている者は他にいませんので、お見苦しい点が目につくことと存じますが、何卒ご容赦下さいますようお願い申し上げます。
 
お陰様で、弊社商品も市場で少しずつ知っていただけるようになってまいりました。本当にありがとうございます。
スーツケースにステンレス製の空樽を忍ばせ、ひとりでレンタカーを走らせ、「これにワインを詰めるんですわ!」とフランスを駆け回った日がついこの間のことのようです。今まで無かったモノを提供させていただくことで、当初は「邪道」と片付けられることもございました。
しかし、どんなに新しい商売でも、何もかもが全く新しい訳ではありません。基本にあるものは何ら変わらないものだと考えています。
 
第一は、決して誰かの真似をするのではなく、今あるモノから更に新しい価値を創造する事。 単純に誰かの真似をすることは、私共の求める商売ではありません。 
もう一つの基本は、祭りの売店、スーパーや百貨店での店頭試飲販売にみられるひたむきさです。
商品を並べているだけ、じっと立っているだけでは決して売れません。売れるどころか、誰も寄って来てはくれません。商売人はそれでは生きて行けません。何よりも店舗様の大事な売り場を使わせていただいて、売れないでは申し訳が立ちません。
お客様に立ち寄っていただくには、どうしても大きな声で呼び込みをしなければなりません。でも「如何ですか?生ビール如何ですか?」だけの繰り返しでは呼び込みにはなりません。面白くないのです。気の利いた口上を考えなくてはなりません。
つまるところ人間性を養うことが肝要です。

料飲店様も弊社も、人間が体や心を使って商いを申し上げるという点では同じだと思います。
弊社の商品、取り組みが料飲店様のご繁盛に役立つことを信じて疑いません。
至らぬ点も多々ございますが、お客様にお役立ちのできる会社として日々努めてまいります。

 

企業理念

四つの信頼関係

企業は経営者および社員の人間的成長以上には成長しない。
 
顧客との信頼関係
我々が取り扱う商品およびサービスについては我々が責任をもつ。
顧客からの注文には迅速、正確に応える。
 
 
生産者との信頼関係
外国人であっても、人間と人間。
契約書よりも重いものがある
相手と同等以上の関心をもって商品の品質管理に努める。
 
 
社員との信頼関係
社員ひとりひとりは個人として尊重され、その尊厳と価値が認められなければならない。
社員が家族に対する責任を十分果たすことができるように、配慮しなければならない。
社員は安心して仕事に従事できなければならない。
社員は常にプロフェッショナル意識をもち質的に高い水準の活動をしなければならない。
能力ある人には年齢、性別にかかわらず昇進の機会が与えられなければならない。
 
 
取引先との信頼関係
良きパートナーとして、失敗を責めるよりも失敗を繰り返さないように共に改善方法を考える。
適正な利益をあげる機会を提供しなければならない。
 
以上、四つの信頼関係を基礎に、事業活動を行うことで社会的責任を果たし、健全な利益を生み出すことができる。
健全な利益は新しい試みと逆境に備えて蓄積されなければならない。